カラーコーディネーターの仕事

カラーコーディネーター試験 info|検定>カラーコーディネーターの仕事

カラーコーディネーターの仕事



一口に、カラーコーディネーターの仕事といっても、かなり幅広いジャンルがあります。ここでは、カラーコーディネーターが関わるジャンルをいくつか取り上げて、その仕事の内容を紹介しています。

また、実際に仕事をお探しの方は、
こちらのページをご覧ください⇒カラーコーディネーター転職|就職

パーソナル・カラーコーディネーター

企業を対象にしたコーディネーションではなく、個人(パーソナル)を対象にしており、その人にマッチするカラーをアドバイスする仕事です。

具体的な仕事として、スーツやネクタイ、ヘアスタイル、へアカラー、あるいはアクセサリーの色や柄などを、選んだりアドバイスします。

イメージの大切な営業マンや会社の社長など、接客の機会が多い仕事に就いている方が、対象になります。

ファッション・カラーコーディネーター(デザイナー)

ファッションでは、流行色(トレンドカラー)が重要なため、これをもとにファッションの流れが決まるといっても、言い過ぎではありません。

この流行色から、ファッションの企画や提案をするのが、ファッション・カラーコーディネーターの仕事になります。

カラーセンスや理論だけでなく、色のトレンドの判断やブランドイメージを、どのように作り上げるかが、非常に大切になっています。

広告、商品・カラーコーディネーター

新聞、テレビCM、雑誌などの広告や企業の新商品の開発などで、カラーコーディネートを担当する仕事です。

広告では、コピーライティングや映像、新商品では機能や品質、デザインが重要なことはもちろんですが、それに使用されるカラーも、非常に大切になってきます。

カラーの選択によって、広告効果や商品の売れ行きが大きく左右されることもあり、カラーコーディネーターの役割は、大きなものがあります。

建築、インテリア・カラーコーディネーター

個人の住宅をはじめ、マンション、商業ビルの内外装、あるいは、環境のトータルカラーコーディネーションが主な仕事です。

このジャンルの仕事では、色彩の知識だけでなく、建築やインテリアの幅広い知識が必要です。

例えば、内外装の仕上げ材、照明器具、家具、建物の構造や法規など様々で、日頃からの勉強が大切になってきます。
それだけに、やりがいもあり充実感のある仕事といえます。


*以上の他にも、スタイリスト、フラワーデザイナー、ディスプレイデザイナー、WEBデザイナー、グラフィックデザイナーなど、多種多様な仕事に関わっているのが、カラーコーディネーターなのです。






カラーコーディネーターになるには<前ページ|次ページ>カラーコーディネーター転職|
就職
■ 検定試験の内容
カラーコーディネーター試験の概要
カラーコーディネーターの受験手続
カラーコーディネーター試験日
2008年度の試験日
カラーコーディネーターの合格率
検定試験3級について
検定試験2級について
検定試験1級について
試験当日の注意事項
教育訓練給付制度について
教育訓練給付金
■ 検定試験の対策
検定試験3級の勉強法
検定試験2級の勉強法
検定試験1級の勉強法
受験対策セミナー
スクール、通信講座、独学の特徴
通信講座とスクール
CCICカラーチャート
配色カード199
■ カラーコーディネーターについて
カラーコーディネーターとは
カラーコーディネーターになるには
カラーコーディネーターの仕事
カラーコーディネーター転職|就職
カラーコーディネーターの関連資格
色彩検定との違い
色彩士(カラーマスター)検定
関連団体リンク
カラーコーディネーターQ&A

リンクについて
相互リンク集1
関連サイトリンク集1
サイトマップ
Copyrights(c)2008 カラーコーディネーターinfo 検定試験 All Rights Reserved