カラーコーディネーターとは

カラーコーディネーター試験 info|検定>カラーコーディネーターとは

カラーコーディネーターとは



カラーコーディネーターの仕事を一言でいうと、最適な色彩をクライアントに提案したり、商品開発の段階でアドバイスする色彩のプロといえます。

カラー、色彩計画については、個人のセンスや好みがあり、絶対的なものはありません。また、弁護士や税理士、医師のように資格がなければ、仕事をできないというわけではありません。

しかし、カラーコーディネーターの資格を取得することによって、色彩のセンスだけでなく、色彩の理論や知識によって、クライアントを説得したり、提案・アドバイスした根拠を示すことによって、信頼を得ることができます。

つまり、色彩センス+色彩の知識によって、説得力のある色彩計画を提案、アドバイスできるわけですね。


カラーコーディネーターの魅力の1つは、活躍できる仕事のジャンルが幅広いことで、これは、他の資格ではあまりないことです。

およそこの社会で、色彩に関わらないものは、ないといってもいいくらいです。

例えば、個人のメーキャップやファッションをはじめ、メーカーの新商品のカラーリングや商業施設のインテリア、そして、建築物や都市全体に関わる色彩計画まで、数え上げても、様々な活躍の場があります。

また、カラーコーディネーターの関連資格である、インテリアコーディネーター、ファッションビジネス検定などを取得すれば、より、幅広い仕事が可能になってくるでしょう。



カラーコーディネーターに必要なもの

カラーコーディネーターは、ファッションにしろ、身の回りのグッズにしろ、あるいは地域の景観にしろ、色彩について関心のある方が、向いている職業といえます。

そこで求められるのは、やはり色彩センス。もちろん、誰でも最初から、飛びぬけた色彩センスを持っているわけではありません。

日頃から、色彩のセンスを磨く努力を積み重ねていれば、信頼されるカラーコーディネーターになることも、そう難しいことではないはずです。

また、色彩センス以外にも、幅広い知識を身に付けることも大切になってきます。

例えば、インテリアの場合では、仕上材、照明器具、家具などのカラーコーディネーター試験にない知識も必要ですし、ファッションの場合は、最近のトレンドや生地、縫製の知識も必要になってきます。

その他、クライアントに色彩計画を、提案するときのプレゼンテーション能力や、他業種の人とのコミュニケーション能力も、大切な能力の1つにあげられます。

このように、関わる仕事によって求められる能力もいろいろあり、大変に思えますが、その分カラーコーディネーターはやりがいがあり、楽しい仕事といえるのではないでしょうか。





配色カード199<前ページ|次ページ>カラーコーディネーターになるには
■ 検定試験の内容
カラーコーディネーター試験の概要
カラーコーディネーターの受験手続
カラーコーディネーター試験日
2008年度の試験日
カラーコーディネーターの合格率
検定試験3級について
検定試験2級について
検定試験1級について
試験当日の注意事項
教育訓練給付制度について
教育訓練給付金
■ 検定試験の対策
検定試験3級の勉強法
検定試験2級の勉強法
検定試験1級の勉強法
受験対策セミナー
スクール、通信講座、独学の特徴
通信講座とスクール
CCICカラーチャート
配色カード199
■ カラーコーディネーターについて
カラーコーディネーターとは
カラーコーディネーターになるには
カラーコーディネーターの仕事
カラーコーディネーター転職|就職
カラーコーディネーターの関連資格
色彩検定との違い
色彩士(カラーマスター)検定
関連団体リンク
カラーコーディネーターQ&A

リンクについて
相互リンク集1
関連サイトリンク集1
サイトマップ
Copyrights(c)2008 カラーコーディネーターinfo 検定試験 All Rights Reserved