配色カード199

カラーコーディネーター試験 info|検定>配色カード199

配色カード199とは



配色カード199とは、色数が199色あるカードで、色彩検定で必要な色見本のことです。

(色彩検定は、A・F・Tが実施している検定試験のことで、カラーコーディネーター試験と同様に、広く知られています。試験は、両方ともほぼ同じようなレベルです。)

配色カード199は、PCCS色彩体系のカラーカードで、色彩検定だけでなく、カラーコーディネーター試験でも出題されますので、理解しておくとよいでしょう。

色彩検定では、配色カード・PCCSの色相番号や慣用色、トーン記号が、色彩の基礎知識として必要になっています。

特に色彩検定1級の2次試験では、配色カードを実際に貼る実技が行なわれます。


一方、カラーコーディネーター試験で、主に使用されるCCICカラーチャートは、有彩色120色、無彩色10色の合計130色から構成されています。

配色カード199と違い、1枚の用紙に130色全てがチャート状に、印刷されています。

カラー、色彩のプロを目指す方であれば、両方を手元に置いて、普段から色に親しんでおくことも大切です。

これらの色見本は、大型文具店や専門文具店で取り扱っており、もし、在庫がない場合は、取寄せもできるはずです。









CCICカラーチャート<前ページ|次ページ>カラーコーディネーターとは
■ 検定試験の内容
カラーコーディネーター試験の概要
カラーコーディネーターの受験手続
カラーコーディネーター試験日
2008年度の試験日
カラーコーディネーターの合格率
検定試験3級について
検定試験2級について
検定試験1級について
試験当日の注意事項
教育訓練給付制度について
教育訓練給付金
■ 検定試験の対策
検定試験3級の勉強法
検定試験2級の勉強法
検定試験1級の勉強法
受験対策セミナー
スクール、通信講座、独学の特徴
通信講座とスクール
CCICカラーチャート
配色カード199
■ カラーコーディネーターについて
カラーコーディネーターとは
カラーコーディネーターになるには
カラーコーディネーターの仕事
カラーコーディネーター転職|就職
カラーコーディネーターの関連資格
色彩検定との違い
色彩士(カラーマスター)検定
関連団体リンク
カラーコーディネーターQ&A

リンクについて
相互リンク集1
関連サイトリンク集1
サイトマップ
Copyrights(c)2008 カラーコーディネーターinfo 検定試験 All Rights Reserved