CCICカラーチャート

カラーコーディネーター試験 info|検定>CCICカラーチャート

CCICカラーチャートとは



CCICカラーチャートとは、カラーコーディネーター試験で使用される、色見本のことで、「商工会議所カラーコーディネーション・チャート」のことです。

CCICカラーチャートは、3級から1級までの全ての試験において、問題用紙と一緒に受験者に配られます。

このカラーチャートを元にした問題も出題されますので、、その内容と見方を理解しておく必要があります。

色の構成

CCICカラーチャートは、「色相」と「トーン」の2つの要素からなっていて、

・有彩色は、12種類の色相と10種類のトーンで、表されています。
         ↓
 12の色相×10のトーン=合計120色

・無彩色(白色と黒色)は、10種類のトーンで表されています。

つまり、有彩色120色+無彩色10色の合計130色からなる、カラーチャートになっています。

色の表記方法

CCICカラーチャートで、色を表記する場合は、

・有彩色・・・[トーン記号]−[色相記号]で表記します。  *例:vh-B2
・無彩色・・・[略号] [マンセル明度]で表記します。  *例:mG(50)

カラーコーディネーター試験の対策としては、カラーチャート全てを丸暗記する必要はありませんが、次の4つをおおまかに理解しておくとよいでしょう。

・マンセル値
・慣用色名
・色相記号
・トーン記号

その他のカラーチャート

CCICカラーチャートは、カラーコーディネーター試験で使用されますが、「色彩検定」では、199色ある「配色カード199」と呼ばれる、PCCS色彩体系のカラーチャートが使用されます。

このカラーチャートは、CCICより色数が多く、普段手軽に持ち歩きできるよう、コンパクトでビス止めしてあるものも、用意されています。





通信講座とスクール<前ページ|次ページ>配色カード199
■ 検定試験の内容
カラーコーディネーター試験の概要
カラーコーディネーターの受験手続
カラーコーディネーター試験日
2008年度の試験日
カラーコーディネーターの合格率
検定試験3級について
検定試験2級について
検定試験1級について
試験当日の注意事項
教育訓練給付制度について
教育訓練給付金
■ 検定試験の対策
検定試験3級の勉強法
検定試験2級の勉強法
検定試験1級の勉強法
受験対策セミナー
スクール、通信講座、独学の特徴
通信講座とスクール
CCICカラーチャート
配色カード199
■ カラーコーディネーターについて
カラーコーディネーターとは
カラーコーディネーターになるには
カラーコーディネーターの仕事
カラーコーディネーター転職|就職
カラーコーディネーターの関連資格
色彩検定との違い
色彩士(カラーマスター)検定
関連団体リンク
カラーコーディネーターQ&A

リンクについて
相互リンク集1
関連サイトリンク集1
サイトマップ
Copyrights(c)2008 カラーコーディネーターinfo 検定試験 All Rights Reserved