スクール、通信講座、独学の特徴

カラーコーディネーター試験 info|検定>スクール、通信講座、独学の特徴

カラーコーディネーターの勉強方法 メリット・デメリット



カラーコーディネーターの資格を取得するための勉強法は、スクールに通学、通信講座の受講、独学の3つがあります。
それぞれのメリットとデメリットを考えて、一番ご自分に合った勉強法を選びましょう。

スクール

<メリット>
1人で勉強するのは少し不安という方には、おすすめといえます。受験情報が入手しやすく、教材選びで悩むこともありませんし、通学仲間ができお互いによい刺激を受けられます。

スクールの一番のメリットは、スクールの講師(プロのカラーコーディネーター)や、スクールとの交流で、参考書では得られない人脈や、ノウハウが得られることです。

カラーコーディネーターのプロを目指すのであれば、スクールで勉強するのも選択の一つです。

<デメリット>
受講費が高いため、経済的負担が大きくなります。また時間的拘束があり、自宅、会社の近くや通勤途中に、スクールが開講されているとは限りません。

できれば、通学にあまり時間がかからず、もし、欠席した場合にもアフターフォローがあるところがよいでしょう。

⇒おすすめのスクールはこちらから

通信講座

<メリット>
カラーコーディネーターの教材を準備する必要がなく、あまり費用がかからないメリットがあります。

スクールのように時間が決められていることもなく、好きなときにいつでも勉強でき、定期的に添削も行なわれますので、学習の進み具合も把握することができます。

近くに、カラーコーディネーターのスクールがない場合や、時間的余裕がない場合はよいでしょう。

<デメリット>
いつでも勉強できるということで、なかなか勉強が進まないこともあります。添削課題がだんだん貯まってきて、少しずつ学習意欲がなくなってくることもありますので、意思を強くもって勉強を続けたいものです。

ほとんどのカラーコーディネーターの通信講座では、講座の資料を無料で郵送してくれますので、いくつか取り寄せて、一番長続きしそうな講座を選ぶのがよい方法です。

⇒おすすめの通信講座はこちらから

独学

<メリット>
必要な教材だけを揃えるだけですから、出費が一番少なくて済みます。スケジュールを自分で決めて、いつでも勉強することができ、時間の拘束もありません。
意志が強く、毎日継続して勉強できる方に、向いている方法です。

<デメリット>
自分で勉強のスケジュールを立てて、時間の管理をしっかりする必要があります。また、受験情報の入手や参考書やテキストの疑問点も、自分で解決しなければなりません。

勉強を始める前に、時間的余裕やご自分の性格、予算のことを考えて決めるのがよいでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なお、カラーコーディネーター試験については、東京商工会議所から、公式テキストと問題集が発行されていますので、どの教材がいいのか迷っている方は、これを使用するとよいでしょう。



左のリンクをクリックするか、
検索窓で
”カラーコーディネーター公式テキスト”
”カラーコーディネーター問題集”

のキーワードで検索すると、アマゾンのサイトにジャンプします。

ただし、時期によっては教材の改訂や在庫切れで、入手できないこともありますので、ご了承ください。


受験対策セミナー<前ページ|次ページ>通信講座とスクール
■ 検定試験の内容
カラーコーディネーター試験の概要
カラーコーディネーターの受験手続
カラーコーディネーター試験日
2008年度の試験日
カラーコーディネーターの合格率
検定試験3級について
検定試験2級について
検定試験1級について
試験当日の注意事項
教育訓練給付制度について
教育訓練給付金
■ 検定試験の対策
検定試験3級の勉強法
検定試験2級の勉強法
検定試験1級の勉強法
受験対策セミナー
スクール、通信講座、独学の特徴
通信講座とスクール
CCICカラーチャート
配色カード199
■ カラーコーディネーターについて
カラーコーディネーターとは
カラーコーディネーターになるには
カラーコーディネーターの仕事
カラーコーディネーター転職|就職
カラーコーディネーターの関連資格
色彩検定との違い
色彩士(カラーマスター)検定
関連団体リンク
カラーコーディネーターQ&A

リンクについて
相互リンク集1
関連サイトリンク集1
サイトマップ
Copyrights(c)2008 カラーコーディネーターinfo 検定試験 All Rights Reserved