試験当日の注意事項

カラーコーディネーター試験 info|検定>試験当日の注意事項

カラーコーディネーター試験開始まで

持参品の確認

試験会場に向かう前に、以下の持参品をチェックしておきましょう。

<1.受験票>
これがないと、カラーコーディネーター試験を受験できません。
2級と1級では、受験票内に写真票があり、この写真票には必ず半年以内に撮影した顔写真を、1枚貼っておきます。

サイズは、タテ4.5cm、ヨコ3.5cmで、写真の裏面に氏名と受験番号を、記入しておきます。

<2.身分証明書>
氏名、生年月日、顔写真の3つを確認できる書類が必要です。運転免許証、パスポート、社員証、学生証など。(健康保険証は顔写真がないので不可)

*写真票と身分証明書は、カラーコーディネーターの試験会場で、本人確認のために使用されます。

<3.筆記用具>
鉛筆、シャーペン、消しゴム

<4.その他>
参考書、お金、時計、昼食、ドリンク類、ティッシュ

試験会場への時計の持ち込みは、腕時計のみが許されており、PHSや携帯電話を時計代わりにすることは、禁止されています。

試験会場まで

カラーコーディネーターの試験日は、例年、日曜日に実施されますので、事前に交通機関の時間割を、チェックしておきましょう。

平日よりも電車やバスの、便数が少ないことが予想されますので、早めに自宅を出ます。時間に余裕があれば、試験日以前に、試験会場を下見しておくとよいでしょう。



カラーコーディネーター試験が始まったら

氏名と受験番号

試験が始まったら、まっ先に氏名と受験番号を記入します。(あたり前のことですが・・・・・ごくまれに未記入の答案用紙もあるようです。)

全ての問題に目を通す

ざっと全ての問題をチェックして、簡単な問題から解き始め、難しい問題は後回しにすると、時間が有効に使えます。

ただし、カラーコーディネーター試験はマークシート方式なので、解答欄を間違わないように、確認しながら記入していきます。
(比較的、時間の余裕があるはずですから、あせらず!じっくり!)

試験会場からの退席

カラーコーディネーター試験では、試験中に一度退席すると、再度会場に入室できません。

もし、試験中に体調が悪くなったら、黙って手を上げて担当官に来てもらい、指示に従います。

また、答案用紙を会場から持ち出すことも禁止されており、試験終了後に回収されます。

その他

試験会場へ自動車、バイク、自転車で来場することは、原則として禁止されていますので、電車やバスなどの公共機関を利用しましょう。
ただし、受験票に「駐車場有」「駐輪場有」の記載があるときはOKです。





検定試験1級について<前ページ|次ページ>教育訓練給付制度について
■ 検定試験の内容
カラーコーディネーター試験の概要
カラーコーディネーターの受験手続
カラーコーディネーター試験日
2008年度の試験日
カラーコーディネーターの合格率
検定試験3級について
検定試験2級について
検定試験1級について
試験当日の注意事項
教育訓練給付制度について
教育訓練給付金
■ 検定試験の対策
検定試験3級の勉強法
検定試験2級の勉強法
検定試験1級の勉強法
受験対策セミナー
スクール、通信講座、独学の特徴
通信講座とスクール
CCICカラーチャート
配色カード199
■ カラーコーディネーターについて
カラーコーディネーターとは
カラーコーディネーターになるには
カラーコーディネーターの仕事
カラーコーディネーター転職|就職
カラーコーディネーターの関連資格
色彩検定との違い
色彩士(カラーマスター)検定
関連団体リンク
カラーコーディネーターQ&A

リンクについて
相互リンク集1
関連サイトリンク集1
サイトマップ
Copyrights(c)2008 カラーコーディネーターinfo 検定試験 All Rights Reserved