教育訓練給付制度について

カラーコーディネーター試験 info|検定>教育訓練給付制度について

教育訓練給付制度とは



教育訓練給付制度とは、就職、転職あるいは、スキルアップのために、通信講座やスクールの講座を受講される方の、経済的負担を軽くするために設けられた制度です。

通信講座にしろスクールに通学するにしろ、受講費用は数万円から時には、10万円以上かかる場合があります。

もちろん費用を抑えるために、自分でカラーコーディネーターの参考書や問題集を購入して、独学で学習することもできます。しかし、独学で学習を続けていくのは、なかなか難しい面もあります。

そこで、教育訓練給付制度では、厚生労働大臣から指定された講座の場合、一定の条件を満たしていれば、講座の受講の修了後に、受講費用の一定割合を給付金として、ハローワークから支払われます。

この一定条件とは、現在、雇用保険に加入している方や、以前加入していた方が対象です。詳しい条件については、教育訓練給付金をご覧ください。

ただし、ハローワークから給付金を受け取るには、

・教育訓練給付金の対象の講座であること(大臣の指定)
・講座を全て修了していること
・受講先から受講修了の証明書を、発行してもらうこと

が必要になっていて、ただ単に講座の受講を始めただけでは、給付金を受け取ることはできません。

なお、カラーコーディネーター試験に合格したかどうかは、給付には関係なく、あくまで講座を最後まできちんと受講すれば、給付金をもらうことができます。



給付金の受取り手続き

給付金の受取りは、次のような手順になっています。

<1>講座のチェック
厚生労働大臣から指定された、給付対象の講座であることを確認します。インターネットから、中央職業能力開発協会の教育訓練給付制度[検索システム]で、簡単に検索できます。
     ▽  ▽

<2>給付資格のチェック
住所地を管轄するハローワークで、給付金の受取り資格があるか、確認してもらいます。

ハローワークの窓口に、「教育訓練給付要件照会票」がありますので、必要事項を記入して、直接窓口に提出するか、あるいは、後日郵送で依頼することもできます。ただし、FAXや電話での問合せは不可。
     ▽  ▽

<3>講座の申込み
講座と給付資格が確認できたら、講座の受講を申込みます。このとき、受講先に教育訓練給付制度を、利用することを伝えておきます。
     ▽  ▽

<4>講座の受講を全て修了
受講修了後すぐに、カラーコーディネーター講座の受講先に、以下の3つの書類を依頼します。
・教育訓練修了証明書
・教育訓練給付金申請書
・受講費の領収書
     ▽  ▽

<5>給付金の申請
<4>の3つの書類と、次の書類を用意して、住所地のハローワークに、窓口へ直接、あるいは郵送で提出します。

・雇用保険被保険者証か、雇用保険受給資格者証のコピー
・本人の住所が確認できる書類のコピー
 (運転免許証、パスポート、住民票など)

申請の受付は、受講修了翌日から、1カ月以内と決まっており、それ以降は受付てもらえませんので、ご注意ください。
     ▽  ▽

<6>給付金の受取り
給付金の申請後、約1カ月以内にハローワークから、申請者の指定した銀行口座に振込みがあります。





試験当日の注意事項<前ページ|次ページ>教育訓練給付金
■ 検定試験の内容
カラーコーディネーター試験の概要
カラーコーディネーターの受験手続
カラーコーディネーター試験日
2008年度の試験日
カラーコーディネーターの合格率
検定試験3級について
検定試験2級について
検定試験1級について
試験当日の注意事項
教育訓練給付制度について
教育訓練給付金
■ 検定試験の対策
検定試験3級の勉強法
検定試験2級の勉強法
検定試験1級の勉強法
受験対策セミナー
スクール、通信講座、独学の特徴
通信講座とスクール
CCICカラーチャート
配色カード199
■ カラーコーディネーターについて
カラーコーディネーターとは
カラーコーディネーターになるには
カラーコーディネーターの仕事
カラーコーディネーター転職|就職
カラーコーディネーターの関連資格
色彩検定との違い
色彩士(カラーマスター)検定
関連団体リンク
カラーコーディネーターQ&A

リンクについて
相互リンク集1
関連サイトリンク集1
サイトマップ
Copyrights(c)2008 カラーコーディネーターinfo 検定試験 All Rights Reserved