検定試験2級について

カラーコーディネーター試験 info|検定>検定試験2級について

カラーコーディネーター2級 検定試験の内容



カラーコーディネーターの2級では、3級の知識をベースにして、その内容をさらに掘り下げた問題と、色彩の応用、色彩計画などの、専門的な知識も出題されます。

検定試験2級に合格すると、「2級カラーコーディネーター」の名称が与えられます。

3級を受験せずに、初めから2級を受験することもできますが、その場合は、カラーコーディネーター3級の基本知識を、習得しておくのがよいでしょう。
なお、2級と3級同時受験も可能です。

カラーコーディネーター2級の出題形式

いくつかある選択肢の中から、正解を1つ選ぶマークシート方式です(穴埋め式と正誤問題)。出題数は合計10問で、試験時間は2時間です。

合格率と合格ライン

最近の合格率は30%台が多く、約3人に1人の合格になっています。3級の合格率がおおよそ50%台ですから、それよりも難しい問題が出題されます。

2級に合格するには、7割以上の得点が必要ですが、年によって多少合格ラインが、変わるケースもあります。

検定試験日

2級の試験日は、通常6月中旬の日曜日と、12月初旬の日曜日の、年2回行なわれます。
カラーコーディネーター3級の試験日と同じですが、試験の時間帯が違っています。

カラーコーディネーター2級の試験内容

2級で出題される問題は、以下の5つのジャンルからとなっています。

1.カラーコーディネーションの意義
  カラーコーディネーションの基本として、求められる事柄。また、実務上
  どのようにカラーコーディネーションを生かしていくか。

2.色彩の歴史的発展と現状
  色彩科学の歴史と、近代デザイン、民族、自然界それぞれの色彩の
  特徴や内容

3.生活者の視点からの色彩
  色彩の見え方に影響する事柄や、照明との関係。また、製品の色や
  色彩の法的な規制。

4.生産者の視点からの色彩
  いろいろな色材の基礎知識、製品の色や色差の測定と表示、
  流行色について。

5.カラーコーディネーターの視点
  カラーリサーチ、カラーコミュニケーション、色の配色や調和。
  その他、配色の手法、配色の用語、カラーコーディネーションの
  実例など。





検定試験3級について<前ページ|次ページ>検定試験1級について
■ 検定試験の内容
カラーコーディネーター試験の概要
カラーコーディネーターの受験手続
カラーコーディネーター試験日
2008年度の試験日
カラーコーディネーターの合格率
検定試験3級について
検定試験2級について
検定試験1級について
試験当日の注意事項
教育訓練給付制度について
教育訓練給付金
■ 検定試験の対策
検定試験3級の勉強法
検定試験2級の勉強法
検定試験1級の勉強法
受験対策セミナー
スクール、通信講座、独学の特徴
通信講座とスクール
CCICカラーチャート
配色カード199
■ カラーコーディネーターについて
カラーコーディネーターとは
カラーコーディネーターになるには
カラーコーディネーターの仕事
カラーコーディネーター転職|就職
カラーコーディネーターの関連資格
色彩検定との違い
色彩士(カラーマスター)検定
関連団体リンク
カラーコーディネーターQ&A

リンクについて
相互リンク集1
関連サイトリンク集1
サイトマップ
Copyrights(c)2008 カラーコーディネーターinfo 検定試験 All Rights Reserved