検定試験1級について

カラーコーディネーター試験 info|検定>検定試験1級について

カラーコーディネーター1級 検定試験の内容



カラーコーディネーターの1級では、2級と3級の学習内容の応用問題で、特に専門的な分野の知識を問う、問題が多くなります。

1級には、ファッション、商品、環境の3種類の専門分野があり、受験者が選択できます。

それぞれ別々に試験が実施され、試験に合格すると、次のような名称が与えられます。

・ファッション・・・1級カラーコーディネーター ファッション色彩
・商品・・・1級カラーコーディネーター 商品色彩
・環境・・・1級カラーコーディネーター 環境色彩

カラーコーディネーター1級の出題形式

出題は、マークシート方式と論述問題の2つがあります。マークシート方式は、選択肢の中から正解を1つ選ぶ方式です。

論述問題は、1級の共通分野の問題で200文字、また、選択分野では500文字あるいは、A4用紙1枚となっています。

論述問題は、ある程度慣れが必要ですから、練習問題を繰り返し練習して、苦手意識をなくしておきましょう。カラーコーディネーター1級試験の、合否の明暗を分けるのは、この論述試験といってもいいのです。

出題数と試験時間

問題の出題数は、年によって違いがあり、試験時間は2時間30分(150分)になっています。

合格率と合格ライン

カラーコーディネーター1級の合格率は、3つの分野でそれぞれかなり違いがあります。例年、環境色彩が一番難易度が、高くなっています。

<2007年度の合格率>
・第1分野(ファッション色彩)・・・15.4%
・第2分野(商品色彩)・・・21.3%
・第3分野(環境色彩)・・・9.6%

また、例年1級は100点満点中、70点が合格ラインですが、試験の実施される年によって、変更になることがあります。

検定試験日

1級の試験は、3級、2級と違って、毎年1回のみの実施で、例年12月初旬の日曜日です。(試験日は3級、2級と同じ)

カラーコーディネーター1級の試験内容

1.第1分野(ファッション色彩)
  ファッションの定義から始まり、メーキャップの配色、流行色の意義、
  ビジネスにおけるカラーコーディネーターの役割、化粧品、
  ファッションカラーの色彩調和など、12項目から出題されます。

2.第2分野(商品色彩)
  経営と色彩、商品の色彩計画、色彩の材料や開発動向、
  インテリアの色彩計画など、5項目から出題されます。

3.第3分野(環境色彩)
  環境色彩、カラーコーディネーションとその方法、建築計画、環境計画、
  材料知識など、6項目から出題されます。





検定試験2級について<前ページ|次ページ>試験当日の注意事項
■ 検定試験の内容
カラーコーディネーター試験の概要
カラーコーディネーターの受験手続
カラーコーディネーター試験日
2008年度の試験日
カラーコーディネーターの合格率
検定試験3級について
検定試験2級について
検定試験1級について
試験当日の注意事項
教育訓練給付制度について
教育訓練給付金
■ 検定試験の対策
検定試験3級の勉強法
検定試験2級の勉強法
検定試験1級の勉強法
受験対策セミナー
スクール、通信講座、独学の特徴
通信講座とスクール
CCICカラーチャート
配色カード199
■ カラーコーディネーターについて
カラーコーディネーターとは
カラーコーディネーターになるには
カラーコーディネーターの仕事
カラーコーディネーター転職|就職
カラーコーディネーターの関連資格
色彩検定との違い
色彩士(カラーマスター)検定
関連団体リンク
カラーコーディネーターQ&A

リンクについて
相互リンク集1
関連サイトリンク集1
サイトマップ
Copyrights(c)2008 カラーコーディネーターinfo 検定試験 All Rights Reserved